妄想くらいしかできないの

カルーセルの様に優雅な日常を送りたいとおもう。

Rhythmic Toy Worldのライブに行ってきた!

7月31日にRhythmic Toy Worldの「ジキルとハイド~NO RHYTHMIC NO LIFE~」のハイドナイトの方へ行ってきました~。友人に誘われて2回目の参加。ライブ慣れしていない私がハードな方のハイドナイトへ行くことは、だいぶ不安だったのですが楽しむことができました!

Rhythmic Toy Worldの歌声、本当に素敵でした。激しい歌が多いのに、しっとりした曲の時の歌声は透き通るような、けれど非常に力強い歌声です。

開始前からインスタライブでリハの動画配信をそれぞれメンバーがしていたり、見に行けないファンの為にライブ全てもインスタライブで配信していました。

地方に住んでいる人たちも参加できる素晴らしい企画…!出血大サービス!

アンコールではステージから降りてファンが囲む形で同じ場所で歌ってました。10センチの距離で歌っているのを見ることが出来るライブなんて最前列じゃないと難しいのに、うしろの人でも近くに感じられるこの演出、すごい。

 

ハイドナイトのセトリはこちらになります。

1.新しい風景

2.波紋シンドローム

3.インスタントラヴァー

4.s.m.p

5.ハッピーエンドロール

6.グッドリーダンス

7.ヘイセイアナトミア

8.終末のカンヴァ―セーション

9.十六夜クレーター

10.S.F

11.いろはにほへと

12.フレフレ

13.あなたに出会えて

14.teamB

15.アンチスキルレシピ

16.エンナ

17.ライブハウス

18.とおりゃんせ

19.サナギ

 

今回Rhythmic Toy Worldさんの事もっと知りたいと思い調べました。

まずメンバーはボーカル&ギターの内田直孝、ベースの須藤憲太郎、ギターの岸明平、ドラムの磯村貴宏で構成されています。2009年から活動開始しています。

 

 

ボーカル&ギターの内田直孝。

ファンからはうっちーという愛称で親しまれています。作詞作曲も担当してらっしゃいます。大体同じ人が作っていると同じような歌になるものですがRhythmicの歌はどれも味が違うな~と素人ながらも感じました。ずっとロングヘアだったのですがHEY!のライブの時はサッパリ短く切っていました!声優の上坂すみれさんが好きなようで、ライブのアンコールの時もすみぺTシャツに着替えて登場してました(笑)

 

ベースの須藤憲太郎。

ファンからはすーさんの愛称で親しまれています。時には沖縄の現地の人のようないでたちにも見えます。須藤さんが内田さんを誘って結成されました。演奏はとてもダイナミックで迫力があります。

 

ギターの岸明平。

読み方はキシミンペイ。愛称はきっちゃん。個人的に毎回髪色が綺麗です。好きなものはお酒と猫。彼はベースの須藤さんと幼馴染だそうです。ギター担当ですが加入当初、岸さんの作曲を聞いて内田さんが惚れこんだそう。ライブで岸さんサイド、ギュウギュウです(笑)

 

ドラムの磯村貴宏。

愛称は磯くん。基本的にライブ中は上半身は裸です。惜しげもなく肉体美を披露していらっしゃいます。内田さんとはバイトで知り合ったそうです。

 

Rhythmicファンの友人に聞いたところ、うっちーときっちゃんが「波紋シンドローム

」はライブで外せない曲と言っていたそうです。彼らは昔の曲も忘れずに必ずやってくれるので、そこもこのバンドの良さですね~。アンコールの掛け声は「遊ぼうよ!」でした。フランクでファンとの距離が近くてとても良いライブ!たのしかった!!!!

 

1.とおりゃんせ

2.いろはにほへと 掛け声は ほへとほへと!!

 

 

まだまだどんどん大きくなっていくバンドだろうなあと思いました。皆さんも是非ライブに足を運んでみてください!

 

Rhythmic Toy World | リズミックトイワールドオフィシャルサイト

公式TwitterRhythmic Toy World (@R_Toy_World) | Twitterはこちらです。

LIVE情報はこちらから見れますよ~